2016年1月21日 更新

マイナンバーの記載が必要になる給与支払報告書について

マイナンバー制度が開始されたことにより、給与支払報告書に変更がありました。 今回は給与支払報告書の新様式について調べてみました。

50,815 view お気に入り追加 0

給与支払報告書とは

給与支払報告書(きゅうよしはらいほうこくしょ)とは前年1月1日から12月31日までの間、事業所等が給与を支払った場合、支給した事業所が支給した者の1月1日に居住する市町村に提出しなければならない書類である。
ちなみにですが、
「給与所得の給与支払報告書」と似たもので「給与所得の源泉徴収票」という書類があります。
書く項目がほぼ同じなので混同されがちです。
けれど、これは別物です。間違えないようにご注意ください。
※「給与所得の源泉徴収票」は税務署に提出する書類になります。
平成28年度(平成27年分)の給与支払い報告書については、マイナンバー記載の必要はありませんが、平成29年度(平成28年分)の給与支払報告書より、従業員や従業員の扶養親族の個人番号を記入する必要があります。従業員が年の中途で退職した場合や短期間のアルバイトを雇用した場合などでは、提出時期にその方から個人番号を取得できないことがありますので、あらかじめ個人番号を取得しておく必要があります。
・平成27年(2015年)分の給与支払報告書にはマイナンバーは記載しなくていい
・給与支払報告書には従業員の扶養親族のマイナンバーも必要
・採用する時点でマイナンバーを取得しておく
重要ポイントですね。
特に、マイナンバーの取得については注意が必要です。
マイナンバーを取得する前に辞められると、後に手間や時間がかかって困ってしまいます・・・。
 (37896)

給与支払報告書の新様式

変更点としては、これまでA6版の様式であったものがA5版と大きくなり、
個人番号(マイナンバー)および法人番号を記載する欄が追加された他、
控除対象配偶者と控除対象扶養親族の欄にも氏名の「フリガナ」欄が追加されています。
この「フリガナ」欄は、不明の場合は空欄とすることでよいとのことですが、
扶養控除等申告書には記載する欄がないため、正確に記載をしていくことを考えると、
その情報収集には工夫が必要になりそうです。
給与支払報告書だけでなく他の書類もA6からA5に大きくなっています。
項目が増えたのもあると思いますが、見やすくなって良いですね。
また、マイナンバー欄だけでなくフリガナ欄も増えたのですね。

H28年度総括表・給与支払報告書について

H28年度総括表・給与支払報告書について
 (37895)

←こちらは新様式の給与支払報告書になります。

ぜひチェックしてみてください。

平成28年度(平成27年分)給与支払報告書の提出

給与支払報告書も2枚作成することになっています。  年末調整をした翌年の1月1日(今回であれば平成27年1月1日)現在の、各従業員の住所地のある市区町村に1月31日までに送付しなければなりません。
 源泉徴収票と異なり、退職者で支払金額が30万円以下の方の分を除き、すべての従業員の給与支払報告書を提出します。
 市区町村に送付するときは、ばらばらに送るのではなく、同じ市区町村の従業員ごとにまとめて、給与支払報告書総括表をつけて送ります。

提出対象者

平成27年中に給与等の支払いをしたすべての従業員等(パート,アルバイト,法人役員等を含む)です。

対象者のうち,平成28年1月1日現在の在職者については,給与の支払額の多少にかかわらず,すべて提出が必要です。また,平成27年中の退職者については,平成27年中の給与支払額の総額が30万円を超える者に提出が義務付けられています。
青色事業専従者への給与(確定申告をしている場合も含む)に該当する場合や,源泉所得税がかからない場合であっても,提出が必要となりますので,御留意いただきますようお願いします。

提出先

給与支払報告書の提出先は,給与の支払いがあった年の翌年の1月1日現在の受給者の住所地の市町村です。

住所地が京都市にある方につきましては,下記提出先(京都市市税事務所法人税務担当(特別徴収担当))に郵送または持参してください。
住所地が京都市以外の市町村にある方につきましては,各々の市町村へ提出してください。
年の途中で退職された方につきましては,退職時の居住地の市町村へ提出してください。
京都市のホームページから引用したので、【京都市】や【京都市以外】が出てきています。
すみません、ご注意ください。

また、下記の給与支払報告書の書き方や提出方法が書かれたサイトも確認してみてください。

【年末調整】「給与支払報告書」の書き方及び提出方法をまとめてみた【2/2(月)締切】

【年末調整】「給与支払報告書」の書き方及び提出方法をまとめてみた【2/2(月)締切】
2/2(月)に提出の締切が迫っている、「給与支払報告書」の書き方及び提出方法をまとめました。 初見だと記入方法がわかりづらい書類ですので、ぜひこのガイドを参考にして作成してみてください。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

従業員が退社する!マイナンバーが必要な書類は?

従業員が退社する!マイナンバーが必要な書類は?

企業が行政向け書類のマイナンバー記載が本格的に始まるのは2017年度からになりますが、2016年2月現在でもすぐ必要になる書類もあります。それは従業員が退職したときに提出しなければならない書類です。従業員退職に伴って提出するマイナンバー記載書類とその注意点について見ていきましょう。
柊敦 | 2,024 view
どうなるの?マイナンバーに関わる罰則一覧まとめ

どうなるの?マイナンバーに関わる罰則一覧まとめ

今年から本格的に導入されるマイナンバー。会社には従業員の番号化した個人情報が他者へ漏れることがないように、厳重に管理することが求められます。そこで、万が一個人情報が漏洩、つまり、マイナンバーが他者へ流出することがあればどうなるのかまとめてみました。
kenayu0326 | 1,059 view
企業におけるマイナンバーの取り扱いについて

企業におけるマイナンバーの取り扱いについて

個人情報漏えいのニュースが相次ぐ現代で、マイナンバーの取り扱いについてはまだまだまだ心配の声もあります。個人が企業にマイナンバーを提出する義務はあるのか?不正を行った場合の罰則は?など身近な疑問についてまとめてみました。
mietyo1021 | 271 view
エストニアの国民IDのICTで、マイナンバーの今後を占う

エストニアの国民IDのICTで、マイナンバーの今後を占う

2018年1月にマイナンバーが施行されました。日本の国民背番号の基本になったのは、日本よりも先行して運用してきた海外の諸外国でした。アメリカはもちろん韓国への情報を分析し、その中でも大きな関心を集めたのがエストニアです。そんなエストニアを見本にしたマイナンバーのICT化。エストニアの国民IDのICTは日本にとってお手本でもあります。ICTによるIOTはいま多くの企業に注目され、中小企業も例外ではありません。エストニアのICT事情を紐解きながら、マイナンバーの未来像を考えていきましょう。
tonbo5u5 | 279 view
マイナンバーが流出?年金機構の大量漏えいから対応策を考えよう!

マイナンバーが流出?年金機構の大量漏えいから対応策を考えよう!

企業となれば個人PCの情報以上の重要な情報が入っています。情報漏えい対策において、顧客や取引先企業からの信用を一気に無くしてしまう行為に、アクシデントを知りながらも適切な対処が遅れがあります。中小企業はハッキングされやすいというデータがあります。年金機構による情報流出はなぜ対応が遅れたのか、一連の流れを見ながら標準型攻撃に対して免疫をつけ、適切なマイナンバー管理をしましょう。
tonbo5u5 | 331 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミニー ミニー