「マイナンバー制度」 遅れる中堅・中小企業の対策・・・!

2016年1月、ついにマイナンバー制度がスタートしました。にも関わらず、中堅・中小企業を中心に制度への対応が遅れているのが現状です。中堅・中小企業がマイナンバー情報を収集・保管・廃棄する一連の工程を適切に行う方法を探りたいと思います。

425 view

J-LISって何?マイナンバーで注目されるシステム機構

「J-LIS(地方自治体情報システム機構)によるシステム障害によって、マイナンバーカードが申請できない」というニュース、2016年2月22日の段階でJ-LISのマイナンバーに関するシステム障害は今回で7回目。今までは中継サーバーの負荷のシステム障害だったが、今回はデータを管理するシステム自体に障害が出た模様。J-LIS自治体だけが利用するイメージですが、企業も利用できるサービスがあります。今回はJ-LISを中心に、また利用できるサービスとは何かを見ていきましょう。

3,067 view

新着の記事 最近投稿された記事

【どうするマイナンバー】 中小企業の運営と罰則について

【どうするマイナンバー】 中小企業の運営と罰則について

マイナンバーを取り扱う担当者への教育、情報流出などの事態が発生した場合の罰則等について、企業の方々は対策が万全でしょうか?もう一度確認してみることも大切だと思います。おさらいとして見て頂けると幸いです。
Rumie | 319 view
マイナンバーの先輩、アメリカの社会保障番号制度はどんな感じ?

マイナンバーの先輩、アメリカの社会保障番号制度はどんな感じ?

日本に比べて44年も前から国民ID(国民背番号制)を取り入れいているアメリカ。国民IDに関するアメリカの意識や不正使用に対しる防止策を中小規模企業(Small Business)の個人情報盗難事情も含めて、国民背番号の問題点をあぶりだして見てみましょう。
tonbo5u5 | 291 view
マイナンバー漏洩リスクへの備えは?

マイナンバー漏洩リスクへの備えは?

マイナンバーの導入、順調に進んでいますか? 総務、人事担当者は日々導入準備に追われているのではないでしょうか。 対応に忙しいとは思いますが、万が一の漏洩の際の対策もぜひお忘れなく! マイナンバーを管理する事のリスクについてまとめてみました。
sence | 129 view
マイナンバーの管理をクラウドで利用するための予備知識

マイナンバーの管理をクラウドで利用するための予備知識

マイナンバーを収集・取得後の利用管理について、近年中小企業に於ける人員の増強が見込めないなどの理由から、クラウドを利用した管理が手段として広がりを見せております。このまとめでは、クラウドを導入するためのガイドラインや、その注意事項をまとめました。
suminojyunin | 224 view
中小企業のマイナンバー対応策 Part2

中小企業のマイナンバー対応策 Part2

マイナンバーを従業員から、取引先から収集することにより、それを管理・活用の方法が、決められております。その中でも特に保管については、十分注意をする必要があると思い、このまとめを作成いたしました。
suminojyunin | 129 view
マイナンバーで社員の副業が判明したらどうする?いっそ副業を認めるべき!?

マイナンバーで社員の副業が判明したらどうする?いっそ副業を認めるべき!?

マイナンバー制度が開始されれば会社に内緒で副業をしている人は筒抜けになってしまい会社に処分されるという噂がインターネット上を中心にまことしやかに噂されています。実際のところ本当に判明するのかは謎ですが、不安が広がっているのは確かです。一方企業側は従業員の副業が判明した場合、処分を下すべきなのでしょうか。いっそのこと副業禁止の規定を撤廃したほうが良いのではないかという論調も出てきています。
柊敦 | 683 view
マイナンバー管理ソフトと連携できるハイブリッド会計Crewが部門別管理機能を追加搭載!

マイナンバー管理ソフトと連携できるハイブリッド会計Crewが部門別管理機能を追加搭載!

マイナンバー制度が始まったことにより企業は行政に提出する各種帳票に従業員のマイナンバーを記載する必要があります。そのため給与管理ソフトのマイナンバー対応が急がれますが、マイナンバー管理ソフトと連携できるハイブリッド会計Crewが部門別管理機能を追加で搭載するようです。部門別で会計したい中小企業や飲食店・美容業など多店舗展開している企業にとって便利ですので是非チェックしてみてください。
柊敦 | 221 view
グローバルナレッジがセキュリティエンジニア育成トレーニングを提供開始!

グローバルナレッジがセキュリティエンジニア育成トレーニングを提供開始!

企業はマイナンバーをサイバー攻撃から守るために様々な安全管理措置を講じなければいけませんが、その中には人的安全管理措置も含まれています。どれだけ優秀なセキュリティシステムを導入してもシステムを扱う人間が使いこなせなければ意味がありません。4月よりグローバルナレッジが革新的なセキュリティプラットフォームを提供するパロアルトネットワークスの認定ラーニングトレーナーとしてトレーニングを提供開始します。パロアルトネットワークスのセキュリティを導入し、セキュリティエンジニアを育成する予定の企業は要チェックです。
柊敦 | 216 view
サイバー攻撃対策にシスコ製品を導入しよう!万が一のマルウェア侵入にも素早く対応できる!

サイバー攻撃対策にシスコ製品を導入しよう!万が一のマルウェア侵入にも素早く対応できる!

マイナンバーをサイバー攻撃から守るために企業は安全管理措置を講じなければいけません。サイバー攻撃対策の中でも難しいのはマルウェア対策ではないでしょうか。マルウェアは侵入を阻止するのが難しい上に発見にも手間がかかります。マルウェア対策に悩んでいる企業担当者の方はシスコのセキュリティ製品を検討してみましょう。
柊敦 | 19,954 view
イーセクターが標的型攻撃対策製品「Secure Data Sanitization」を販売開始!メール添付ファイルを無害化!

イーセクターが標的型攻撃対策製品「Secure Data Sanitization」を販売開始!メール添付ファイルを無害化!

企業は特定個人情報の漏洩を防ぐ措置を講じなければいけませんが、厄介なのが標的型攻撃です。標的型攻撃はメールに添付されたファイルなどによってもたらされるため、完全に防ぐのは難しいと言われています。イーセクターが新たに販売する「Secure Data Sanitization」はメール添付のファイルを削除せず無害化することができる製品です。標的型攻撃の対策を探している企業担当者の方は是非チェクしてみてください。
柊敦 | 418 view
NECプラットフォームズが小規模オフィスでも容易に導入できるセキュリティ製品「Aterm SA3500G」を販売開始!

NECプラットフォームズが小規模オフィスでも容易に導入できるセキュリティ製品「Aterm SA3500G」を販売開始!

マイナンバー制度の開始を機にIT化を進めようとしている企業は多いかと思います。しかしマイナンバーは漏洩しないように管理せねばならず、そのため外部からのサイバー攻撃に備えなければいけません。これからIT化を進めるような小規模オフィスにはサイバー攻撃対策といっても何から手をつければいいのかわからないというのが実情かと思います。NECプラットフォームズの「Aterm SA3500G」は小規模なオフィスや店舗でも容易に導入可能なセキュリティ製品です。セキュリティ対策に悩んでいる企業担当者の方はぜひチェックしてみてください。
柊敦 | 297 view
エプソンのソリューションなら3通りのマイナンバー収集が選べる!給与ソフトとスキャナを利用した収集も!

エプソンのソリューションなら3通りのマイナンバー収集が選べる!給与ソフトとスキャナを利用した収集も!

マイナンバー制度に対応するため、企業担当者の方は様々なマイナンバーソリューションを検討しているかと思います。エプソンのソリューションならマイナンバー収集に3通りの方法が選択できます。給与ソフトとスキャナの両方を販売しているエプソンならではのソリューションをチェックしてみましょう。
柊敦 | 294 view
市立小学校の職員がマイナンバーを紛失!書類移動中の安全管理措置を怠った模様!

市立小学校の職員がマイナンバーを紛失!書類移動中の安全管理措置を怠った模様!

1月27日、横浜市の市立小学校職員がマイナンバーを紛失する事件が起こりました。報道によると電車移動中に書類を入れたカバンを紛失したようです。マイナンバーの安全管理措置は書類の移動中においても講じなければいけません。事件を参考に講じるべきであった安全管理措置について考えてみましょう。
柊敦 | 617 view
取引先・委託先のマイナンバー使用で注意することは?

取引先・委託先のマイナンバー使用で注意することは?

マイナンバーの収集は、従業員からだけではありません。取引先や外部委託先の法人や個人からも、マイナンバーの通知を受ける必要があります。どんな点に注意して行えばよいのか確認しておきましょう。
ibuki | 823 view
マイナンバーのシステムを導入する前に業務フローを作ろう!可視化することで業務改善にもつながる!

マイナンバーのシステムを導入する前に業務フローを作ろう!可視化することで業務改善にもつながる!

マイナンバーを管理するにあたって新たにシステム導入を検討している企業担当者の方は多いかと思います。しかしシステムを導入する前にまずやっておかなければならないことが業務フローの構築です。業務フローをつくり一連の流れを可視化することは業務の効率化にもつながります。業務フローを構築する意義について見直してみましょう。
柊敦 | 1,097 view
1,995 件